インテリアを取り扱う「オフィスご縁堂」の店長が店長の個性ある視点で魅力あるインテリアやその使い方をご紹介します。

インテリア専門「オフィスご縁堂」ショップオーナーブログ

インテリア

畳のある一人暮らし/素足にイ草の感覚は日本人でよかったと思う

投稿日:

こんにちは、オフィスご縁堂ショップグループ店長の神谷です。

畳

昨今、賃貸住宅には畳がどんどんなくなっていきますよね。

分譲マンションを賃貸用にリフォームするときには、畳をフローリングに変えることが多いようです。

それは、フローリングはメンテナンスがほぼいらないからでしょう。

畳は数年に一度メンテナンスしないとだめですから。

賃貸アパートなどの床材はフロアタイルが増えてきた

フロアタイル

フローリングといいましたが、賃貸では木製の床材はほとんどなく、塩化ビニル樹脂製のフロアタイルが主流です。

このフロアタイルは、大家さんにも店子さんにもメリットがあって

・防水、キズにも強い(掃除がカンタン)

・木目などのきれいなデザインが豊富

・設置もカンタン

ということなんです。

床がキズつきにくいということは、賃貸住宅を出ていくときなどのトラブルが少ないということです。

そんな、賃貸住宅に畳(い草)の良さを取り入れる方法をご紹介します。

一人暮らしに畳(い草)を取り入れる方法

ここで、畳というのはあの厚い畳ではなく、「い草」を取り入れるということと考えてください。

さすがに、あの分厚い畳をフローリングの上に乗せるというのはかなり無理がありますので。

い草のラグマットを使う

小さいい草ラグマットを使う

小さめのい草ラグ※ フローリングの一部分にい草ラグを使う

まずは、畳(い草)の足触りをお手軽に味わうには、小さめのい草ラグがおススメです。

お値段もそれなりにお求めになりやすいと思います。

部屋の中でいつもいる場所って結構決まっています。

上記の写真は、95cm×130cmサイズです。

大きいい草ラグマットを使う

い草の感覚を味わえる大きいラグ※ 床前部にい草ラグを敷く

そして、夏には畳でごろんと昼寝・・・そんな感覚も味わいたいですね。

そんな方には、大型のい草ラグもいいものです。

フローリングの硬さが気になる方は、ウレタンなどのクッション材を使っているい草ラグがおススメです。

なるべく国産のい草ラグを

国産い草ラグマット

い草ラグには、大きく分けて国産のい草ラグと外国産(主に中国)のい草ラグがあります。

できれば、国産のい草ラグを選ぶことをおススメします。

新品の国産ラグの多くは、梱包を開けるとい草の香りが強くとてもいい匂い。

そして、ふっくら作ってあるものも多く、そんない草ラグはい草自体の弾力を感じます。

国産の方が外国産よりもお値段お高めになってしまうのも事実です。

しかし、国産い草ラグの気持ちよさも味わっていただきたいと思います。

いろいろない草ラグはこちらからご覧いただけます。

『い草ラグ』

畳ベッドを使う

い草の感覚が味わえるステーションタイプの畳ベッド※ い草の感覚が味わえるステーションタイプの畳ベッド

ベッドを畳ベッドにするもの一人暮らしに畳を取り入れる方法の一つです。

マットレスではなく、畳の上に布団を敷きます。

干した敷布団は気持ちがいいですよね。

畳の吸湿性やい草の香りなどを含めたさわやかさ。

ベッドの手軽さ。

などの利点を同時に享受できます。

布団を片付けて、ちょっとした小上がりに使うのもオシャレ。

クッションを使って昼でも使えるくつろぎのスペースを創造できます。

い草を感じる畳ガス圧跳ね上げ収納ベッド※ い草を感じる畳ガス圧跳ね上げ収納ベッド

同時に収納スペースが欲しい方は、畳収納ベッドがおススメ。

他にも畳ベッドはこちらからご覧いただけます。

『畳ベッド』

最後に

畳(い草)には

・ 湿度を調整してくれる

・ 消臭効果、空気清浄効果がある

・ 夏は涼しく、冬は床の冷たさがダイレクトに伝わらない。

などのいろいろ利点があります。

触覚、視覚、嗅覚に畳は快く訴えかけますよね。

一人暮らしの部屋に畳を組み入れるのもおしゃれというだけでなく、日本人の快感に訴えかけてくれるのではないでしょうか。

-インテリア

Copyright© インテリア専門「オフィスご縁堂」ショップオーナーブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.