インテリアを取り扱う「オフィスご縁堂」の店長が店長の個性ある視点で魅力あるインテリアやその使い方をご紹介します。

インテリア専門「オフィスご縁堂」ショップオーナーブログ

インテリア ソファー

重厚レトロのあるソファーを狙うなら、バイキャスト風ソファー

投稿日:

こんにちは、オフィスご縁堂ショップグループ店長の神谷です。

本革の味わいのあるバイキャスト風ソファーのご紹介です。

バイキャストレザー

バイキャストレザー

本革のソファーって憧れますよね。

 

けれども、本革のソファーっていいんですけれども、ちょっと大変なところもあるんです。

■ 価格が高い

■ お手入れが大変

 

最近は、比較的お求めになりやすい本革のソファーもあるのですが、本革のソファーを長くきれいに使うためにはちゃんとお手入れしないといけません。

 

そこで、本革に近い風合いで、お手入れもカンタンなバイキャスト風のレザー素材のソファーをラインナップしました。

バイキャストとバイキャスト風とは

 

バイキャストレザー

バイキャストの中でも本革を使って合成樹脂で固めたバイキャストは「バイキャストレザー」と呼ばれます。

 

本革としての仕上げに向かない質の低い革を集めて一枚のシート状にして色つきのポリウレタンコーティングやビニールコーティングを施したものです。

 

本革を使っているので、見た目など本革に近い張地になります。

 

しかし、ソファーなどで「バイキャスト」と言ってるものはこの本革と樹脂で作ったバイキャストではないものが多くなっています。

バイキャスト(合皮)

合成皮革のバイキャストは、「バイキャスト加工」または「バイキャストPVC」「バイキャストPU」と表記されます。

 

表面にポリウレタン樹脂塗装をして厚い光沢を出し高級感を持たせ、かつ傷や汚れに強くする加工法です。

 

製品の中には非常に滑りやすいものもありますのでご注意を。

バイキャストPVCのソファー

PVCは、加工がしやすく、丈夫な素材です。

カラフルなレザー素材のソファーはほぼPVCでしょう。

 

弱点は通気性が悪いということ。

この点を気にする方も多くいます。

 

ただ、汚れに強いので、日々の使いまわしには便利です。

バイキャストPVCのローソファー『ヴィンテージモダンデザインローソファ【ORCHIS】オルキス』

バイキャストPVCのローソファー『ヴィンテージモダンデザインローソファ【ORCHIS】オルキス』

バイキャストPVCのローソファー『ヴィンテージモダンデザインローソファ【ORCHIS】オルキス』

【ORCHIS】オルキスは、アームの滑らかな曲線と、やや後傾した座面が唯一無二のフォルム。

この傾きが座面の奥行きに広がりを与え、深くゆったりと腰かけられます。

バイキャストPVCのローソファー『ヴィンテージモダンデザインローソファ【ORCHIS】オルキス』

バイキャストPVCのクローズアップ

バイキャストPVCのまるで使いこまれた革のような、深い味わいの生地。

本革のような艶のある表情に仕上がり。

 

あくまで本革ではなく合成皮革ですが、「本革に似せた張地」に仕上がっています。

 

傷や水分・汚れに強く、お手入れが簡単です。

バイキャストPVCの木肘ソファー『木肘レトロソファ【BARNEY】バーニー 』

バイキャストPVCの木肘ソファー『木肘レトロソファ【BARNEY】バーニー 』

バイキャストPVCの木肘ソファー『木肘レトロソファ【BARNEY】バーニー 』

【BARNEY】バーニーのバイキャストブラックの張地は、昔からそこにたたずんでいたような懐かしささえ感じさせます。

 

モダンデザインのローテーブルと合わせてレトロなカフェスタイルにしてもしっくり。

 

バイキャストPVCの張地は、そんなレトロさを感じさせながらも汚れやキズに強く、お手入れが簡単なところもうれしいポイントです。

バイキャストPUのソファー

PUはPVCよりも肌触りに優れています。

熱にも強く、そして何よりうれしいのは通気性がPVCよりも優れています。

 

以前は耐久性に問題がある商品も多かったのですが、PUの耐久性はかなり改善されてきました。

 

ただ、PVCよりも高価になってしまうのは否めません。

予算があるのなら、バイキャスト風ソファーに関してもPVCよりもPUをおススメします。

木肘のバイキャストPUソファー『レトロ調ソファー【NEW RETRO】ニューレトロ』

バイキャストPUの木肘ソファー『レトロ調ソファー【NEW RETRO】ニューレトロ』

バイキャストPUの木肘ソファー『レトロ調ソファー【NEW RETRO】ニューレトロ』

ブラックのバイキャストPUの【NEW RETRO】ニューレトロは懐かしさと落ち着きさを感じさせます。

 

サイズは一人暮らしにも最適なサイズの一人掛けソファーと、二人のくつろぎの場を作る二人掛けソファー。

 

通気性の良いPUレザーは心地よく長く座っていられます。

バイキャストPUの木肘ソファー『ラバーズ』

バイキャストPUの木肘ソファー『ラバーズ』

バイキャストPUの木肘ソファー『ラバーズ』

PU素材でかつバイキャスト加工。

触り心地に高級感をアップしたバイキャストPUの木肘ソファーが『ラバーズ』です。

 

ちょっと、高級感を味わいたい木肘ソファーです。

『ラバーズ』の一人掛けソファーはこちらから⇒『ラバーズ1人掛け』

バイキャストPUシンプルソファー『RETRO』

 

バイキャストPU RETRO

バイキャストPU RETRO

お客様の前でじっと聞いていなければならないような長い話もあるでしょう。

PVCの通気性の悪いソファーに長く座ってズボンが汗でしっとり・・・ということを経験した方もいるのではないでしょうか。

 

PUレザーは、PVCよりも通気性がよく、肌触りもソフトです。

そんなPUレザーに高級感をさらにアップしたバイキャスト加工のシンプルソファーです。

最後に

バイキャスト風ソファーを選べば、

☑ ちょっとワンランク上の上質さのソファーの姿に満足感を得られるでしょう。

☑ お客様が来た時に、ちょっとハッとさせることができるでしょう。

☑ レトロ風コーディネートのお部屋のソファーにとてもマッチするでしょう。

 

ちょっとソファーにレトロ感が欲しいという場合には、「バイキャスト」とついたソファーをチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

合成皮革を「のっぺりとした」と表現する方もいらっしゃいますが、「バイキャスト」なら、高級感をくすぐります。

 

そんな高級感をプラスアルファしたのだから、できればPUレザーにすることがおススメ。

PUの手触りと通気性は、「こっちにしてよかった」と思わせるものだと思います。

 

 

-インテリア, ソファー

Copyright© インテリア専門「オフィスご縁堂」ショップオーナーブログ , 2019 All Rights Reserved.