インテリアを取り扱う「オフィスご縁堂」の店長が店長の個性ある視点で魅力あるインテリアやその使い方をご紹介します。

インテリア専門「オフィスご縁堂」ショップオーナーブログ

インテリア ベッド

しまえるベッド/一時的にお部屋にスペースが必要な時に重宝

投稿日:

こんにちは、オフィスご縁堂ショップグループ店長の神谷です。

ベッドは使いたい、でもそれなりのフリースペースも欲しいという方にしまえるベッドをご紹介

しまえるベッド

折りたたみベッドを部屋の隅にしまう

部屋が狭いけど、やっぱりベッドの方がいい・・・。

 

ベッドには、

■ 布団の上げ下ろしがいらない

■ 床の冷気が直接伝わらない

■ ホコリが舞う空気の層を避けられる

などのメリットがあります。

 

しかし、時にはベッドのない広々とした空間が必要になることも。

必要のない時は部屋の隅に立て掛けてしまえるベッド

折り畳みベッドは、必要な時に取り出して、必要のない時には部屋の隅に立て掛けてしまえるベッドです。

 

ベッドとして使い始めると、毎日しまうのは面倒でしょうから敷きっぱなしになるかもしれません。

 

ただ、しまえるベッドは、いざとなったら布団を片付けて部屋の隅にしまうことによって広いスペースを確保できます。

 

折りたたんでしまえるベッドには、2種類あります。

・脚なしのロータイプの折りたたみベッド。

・脚付きの通常のベッドと同じレベルの高さにできるハイタイプの折りたたみベッド。

 

ロータイプは高さがないので、部屋のホコリの層を避けられませんが、造りがより単純なのでしまうスペースもハイタイプの折りたたみベッドよりも少なくて済むのがポイントです。

脚なしのロータイプの折りたたみベッド

脚なしのロータイプ折りたたみベッドにも大きく分けて2種類あります。

それは、2つまたは3つにたためるタイプと、ロールしてコンパクトにできるタイプです。

脚無しの折りたたみタイプのしまえる折りたためるすのこベッド

立て掛けてしまえる脚無しの折り畳みベッド『通気孔付きスタンド式すのこベッド【AIR PLUS】エアープラス』

立て掛けてしまえる脚無しの折り畳みベッド

脚無しのロータイプの折りたたみすのこベッドは、二つ以上に折りたたんで部屋の隅にしまえるベッド

 

布団を床に直に敷いてしまうと、どうしても汗の湿気が布団から抜けず布団カビの原因になります。

さらに床の冷気をダイレクトに受けてしまうので冬はとても寒い。

また、フローリングのホコリが布団についてしまう。

 

どうしてもフローリングに布団を直に敷かなければならないときには、このロータイプのすのこ折りたたみベッドがおススメ。

立て掛けてしまえる脚無しの折り畳みベッド『通気孔付きスタンド式すのこベッド【AIR PLUS】エアープラス』

ロータイプの折りたたみベッドを部屋の隅にしまう

お部屋に広い空間が欲しい時には、折りたたんで部屋の隅にコンパクトにしまえます。

 

一人暮らしで布団が干せないと悩んでいる方には、このタイプのすのこベッドがあれば布団の部屋干しもカンタンです。

脚無しのロールしてしまえる折りたためるすのこベッド

ロールしてしまえるすのこベッド『日本製 ロール式桐すのこベッド』

ロールしてしまえるすのこベッド

もっとコンパクトにしまいたいという方にはロールしてしまえる折りたたみみすのこベッドがあります

 

ロールしてたためば、押し入れやクローゼットにも収納可能。

 

『ロール式桐すのこベッド』を使えば、フローリングの直敷だけは避けられます。

フローリングに直敷すると、布団がホコリを吸い寄せてしまいますから。

少しでも衛生的な環境でお休みになれます。

ある程度の湿気防止にもなります。

 

脚なしのロータイプの折りたたみベッドをご覧になりたい方はこちらからご覧いただけます。

『脚なしのロータイプの折りたたみベッド』

脚付きハイタイプのしまえる折りたたみベッド

ハイタイプのマットレス付き折り畳みベッド

脚付きハイタイプのしまえる折りたたみベッド『折りたたみベッド 高反発マットレス使用【Cortesia】コルテシア』

マットレス付き脚付きハイタイプ折りたたみベッド

マットレスのついた折りたたみベッドは、布団がいらず、ベッドとして取り扱いがラク

 

ベッドを片付けるときにも、敷布団のしまう場所が必要ありません。

脚付きハイタイプのしまえる折りたたみベッド『折りたたみベッド 高反発マットレス使用【Cortesia】コルテシア』

折りたたみベッドを折りたたんで部屋の隅にしまう

脚付きハイタイプのしまえる折りたたみベッド『折りたたみベッド 高反発マットレス使用【Cortesia】コルテシア』

おりたたんだ時の大きさ

ベッドの丈は207cm。

しかし、折りたたんでしまえば、幅は約35cmとコンパクトになります。

ハイタイプのすのこ折りたたみベッド

脚付きハイタイプのしまえる折りたたみベッド『菌防カビ素材 折りたたみ樹脂すのこベッド』

折りたたみすのこベッド

通気性がよいベッドならここでご紹介するような折りたたみすのこベッドがおススメ。

マットレスがなくて、軽いから取り扱いもよりカンタンです。

脚付きハイタイプのしまえる折りたたみベッド『菌防カビ素材 折りたたみ樹脂すのこベッド』

折りたたみすのこベッドを部屋の隅にしまう

脚付きハイタイプのしまえる折りたたみベッド『菌防カビ素材 折りたたみ樹脂すのこベッド』

折りたたみすのこベッドのサイズのサンプル

さらに、折りたためば、マットレス付きよりもちょっとコンパクトな幅26cmです。

 

折りたたんで、布団をかけておけば、それが布団干しとなります。

毎日、乾燥した布団に寝たい方にはこちらのタイプがおススメです。

 

脚付きのすのこ折りたたみベッドをご覧になりたい方はこちらから。

『脚付きのハイタイプの折りたたみベッド』

必要のない時はコンパクトサイズにたたんでしまえるベッド

折りたたんで部屋の隅にしまえるベッド『コンパクト脚付きマットレス』

必要のない時はコンパクトサイズにたたんでしまえるベッド

通常はロータイプのベッドとして使え、いざとなったら半分に折って、部屋の隅にしまえるベッド。

マットレスはボンネルコイルのマットレスで、寝心地も安定した本格ベッド仕様です。

折りたたんで部屋の隅にしまえるベッド『コンパクト脚付きマットレス』

必要のない時はコンパクトサイズにたたんでしまえるベッドのサイズ

半分に折ってしまうことができるので、部屋に友達やお客様を迎えるときにちょっとスペースが欲しい。

部屋で、ストレッチなどをするときのスペース確保にも便利です。

最後に

しまえるベッドを選んだなら、

☑ 部屋でヨガやストレッチをしたい時にスペースを確保できます。

☑ テレビ前にスペースを作れるので、複数人でテレビゲームをするスペースが確保できます。

☑ 布団の直敷きを避けて布団を清潔に保ちやすくなります。

 

都市部での一人暮らしのスタートは「ちょっと狭いかな・・・」という感じのお部屋からスタートするときが多いですね。

そんなお部屋でのスペース確保には頭を悩ませます。

 

ストレッチや、ヨガ、ピラティスなどをお部屋でやるときにはまとまったスペースが必要。

でも、ベッドも欲しい・・・。

 

今回の「しまえるベッド」はそんな方のご参考にしていただければと思います。

 

-インテリア, ベッド

Copyright© インテリア専門「オフィスご縁堂」ショップオーナーブログ , 2019 All Rights Reserved.