インテリアを取り扱う「オフィスご縁堂」の店長が店長の個性ある視点で魅力あるインテリアやその使い方をご紹介します。

インテリア専門「オフィスご縁堂」ショップオーナーブログ

インテリア ソファー

サラッと感のあるソファーを探している方に/ワッフルソファー

投稿日:

こんにちは、オフィスご縁堂ショップグループ店長の神谷です。

ワッフル記事を使ったソファーはさらっとした肌触りで、湿度の高い夏などに好まれます

ワッフル菓子

ワッフル菓子

ワッフルのお菓子は誰もが知っているでしょう。

 

そして、ソファーの張地にもワッフルがあります。

その生地は表面に凹凸があるのが特徴。

 

よりサラッとした触感が好きな方は、ぜひこの記事からチェックしてみてください。

脚付きふかふかカウチソファー/ローソファー 肘付き【LIRAKU】リラク ワッフル生地

サラッとしているワッフル生地のソファー『脚付きふかふかカウチソファー/ローソファー 肘付き【LIRAKU】リラク 6段階リクライニング』

サラッとしているワッフル生地のソファー『脚付きふかふかカウチソファー/ローソファー 肘付き【LIRAKU】リラク 6段階リクライニング』

【LIRAKU】リラクは、ウレタンフォームとポリエステル綿でふかふかのカウチソファー。

 

もともと、低い造りですが、脚を外してもっと低くすることもできます。

 

そして、張地にはワッフル生地とファブリックをご用意。

サラッとしているワッフル生地のソファー『脚付きふかふかカウチソファー/ローソファー 肘付き【LIRAKU】リラク 6段階リクライニング』

【LIRAKU】リラクのワッフル記事クローズアップ

ここでのおすすめは、サラッとした感覚がお好きな方へのワッフル生地。

表面の凸凹がサラッとした感触を生み、また見た目もカワイイ。

 

【LIRAKU】リラクのワッフル生地のカラーラインナップは、ピンク、ショッキングピンク、レッドの3カラー。

 

【LIRAKU】リラクは、お部屋に華やかさも運んでくるでしょう。

コンパクトフロアリクライニングソファベッド 【happy】ハッピー

サラッとしているワッフル生地のソファー『コンパクトフロアリクライニングソファベッド 【happy】ハッピー』

サラッとしているワッフル生地のソファー『コンパクトフロアリクライニングソファベッド 【happy】ハッピー』

座ってテレビを見る、寄りかかって本を読む、そのまま寝てしまう3Wayに使える、そして場所を取らないコンパクトさが人気の【happy】ハッピー。

サラッとしているワッフル生地のソファー『コンパクトフロアリクライニングソファベッド 【happy】ハッピー』

【happy】ハッピーのさらなる魅力は、ワッフル生地のさわやかな雰囲気と可愛らしさ。

ワッフル生地の凹凸によるさらっとした肌ざわりで気持ちのいい質感。

 

ベッドとして【happy】ハッピーを使うときには、体の多くの部分がワッフル生地に触れることになります。

サラッとして気持ちよく、心地よい眠りに誘い込まれるでしょう。

 

かわいいカラーとその姿は、置くだけでも“ハッピー”な気分になっちゃいます!

毛玉になりにくい伸縮ソファーカバー ミクロワッフル生地 洗える 『プチ』

ワッフル生地のソファーカバー『毛玉になりにくい伸縮ソファーカバー ミクロワッフル生地 洗える 『プチ』』

ワッフル生地のソファーカバー『毛玉になりにくい伸縮ソファーカバー ミクロワッフル生地 洗える 『プチ』』

すでに、ソファーを持っている方には、リーズナブルでワッフル生地感覚を味わえるソファーカバーはいかが。

 

冬はもっと温かさを感じる生地にしたい。

夏は涼しげなワッフル生地のソファーがいいという、季節によって生地の肌触りを変えることができます。

 

汚れても洗濯機で洗えるのもソファーカバーの大きなポイントです。

ワッフルとは、

ワッフル菓子

もともとは古代ギリシャの「オベリオス」で、宣教師によってヨーロッパ各地に伝わっていきました。

パンのようにもちもちした触感のものや、ケーキのようにふわっとしたもの、クッキーのように歯ごたえのあるもの、いろいろあります。

 

柔らかいものは、温かいうちにジャムやクリーム、メープルシロップなどをつけたり、フルーツを添えて食べるのが人気。

 

ベルギー、フランス、アメリカなどでさまざまに変化したお菓子です。

 

日本では、円形または楕円形に焼いたスポンジ生地に、カスタードクリームなどをのせ、柏餅のように2つ折りにしたものがなじみ深い(店長の個人的な見解ですが)。

コンビニやお菓子店だけでなく、ワッフル専門店に行列ができる例もあります。

ワッフル生地

ワッフル生地

見た目の凸凹がお菓子のワッフルの表面に似ている事から、立体感ある織物の事をワッフル生地と言っています。

 

少し生地が厚く毛羽立ちする事も少ないので、Tシャツ特有のヨレやシワが少なくなるのがポイントです。

そんなワッフル生地の大きな特徴とい言えば、表面の凸凹により吸湿性に優れているという事。

 

凸凹のへこみの部分によって、肌と接触する面積が少なくなり、サラッとした感じで、夏でも快適に過ごす事が可能となります。

最後に

ワッフル生地のソファーを選んだら、

 夏のお昼寝の幸せ度がちょっとアップします。

☑ ソファーで家族や友人と長話しても、座面がさわやかで、さらに長話しそうです。

-インテリア, ソファー

Copyright© インテリア専門「オフィスご縁堂」ショップオーナーブログ , 2019 All Rights Reserved.