インテリアを取り扱う「オフィスご縁堂」の店長が店長の個性ある視点で魅力あるインテリアやその使い方をご紹介します。

インテリア専門「オフィスご縁堂」ショップオーナーブログ

インテリア ベッド

大きいすのこベッド/通気性の良いベッドで家族で気持ちよくお休み

投稿日:

こんにちは、オフィスご縁堂ショップグループ店長の神谷です。

すのこベッドの種類は多いですが、今回の記事では、大きい「すのこベッド」のご紹介です。

大きいすのこベッド

大きいすのこベッド

家族一緒に寝られるような、大きなベッドって憧れますね。

そして、床板がすのこになっているすのこベッドは、日本では根強い人気のタイプのベッドです。

その二つを組み合わせて、大きいすのこベッドを希望する方もいるでしょう。

 

ここで、注意しなければならないのは「大きい」ということ。

この記事では、2種類の「大きい」を分けてご紹介。

 

それは、

幅がキングサイズを超える広く大きいすのこベッド

丈が通常より長い大きいすのこベッド。

です。

ワイドタイプのある大きいすのこベッド

家族みんなでお休み!大きいすのこベッド『コンセント・ライト付きデザインすのこベッド ALUTERIA アルテリア』

家族みんなでお休み!大きいすのこベッド『コンセント・ライト付きデザインすのこベッド ALUTERIA アルテリア』

家族でお休みになるワイドベッド。

新婚の二人がゆったりお休みになるのもいいでしょうが、小さなお子さんと川の字になってお休みになるのも憧れます。

 

小さなお子さんは、動きも活発。

だから寝ていてもよく動くし、よく汗もかきます。

だから、ベッドは通気性のいいすのこベッドがおススメ。

 

ここで、いろいろなタイプの大きいすのこベッドをご紹介していきます。

ワイド!レッグタイプの大きいすのこベッド

大きなステーションタイプすのこベッド『棚・コンセント付きデザインすのこベッド 【Windermere】ウィンダミア』

大きなステーションタイプすのこベッド『棚・コンセント付きデザインすのこベッド 【Windermere】ウィンダミア』

【Windermere】ウィンダミアは、ステーションタイプの大きなすのこベッド

 

ステーションタイプのベッドは、床板と床に空間ができて、

・開放感がある

・通気性が良い

・ベッド下に収納物を置ける

というメリットがあります。

 

特に床板がすのこならベッド下に空間を作ることにより、さらに通気性がよくなり快適になります。

大きなレッグタイプのすのこベッド『棚・コンセント付きデザインすのこベッド 【Windermere】ウィンダミア』

【Windermere】ウィンダミアのすのこ床板

【Windermere】ウィンダミアは、クイーンサイズ、ワイドキングサイズのあります。

お子様が小さいうちなら川の字になってお休みになることもできます。

大きなレッグタイプのすのこベッド『棚・コンセント付きデザインすのこベッド 【Windermere】ウィンダミア』を2つに分割する

【Windermere】ウィンダミアをツインベッドとして使う

また、クイーンサイズ、ワイドキングサイズの【Windermere】ウィンダミアなら、2つのベッドにすることもできますので、長いスパンにわたって、ご使用が可能です。

ワイドタイプの大きいすのこ収納ベッド

大きな収納タイプのすのこベッド『国産大容量収納ファミリーチェストベッド【COLRIS】コルリス』

大きな収納タイプのすのこベッド『国産大容量収納ファミリーチェストベッド【COLRIS】コルリス』

【COLRIS】コルリスが、大きなすのこ収納ベッド

 

収納ベッドは、ベッド下を収納庫として使えてベッドルームの省スペース化に便利なベッドです。

ワイドタイプの収納ベッドはかなりの大容量の収納ができます。

 

そんなワイドで大容量収納ベッドのすのこベッドです。

大きな収納タイプのすのこベッド『国産大容量収納ファミリーチェストベッド【COLRIS】コルリス』

【COLRIS】コルリスのすのこ床板

しっかりしたすのこづくりは、マットレスだけでなく布団を敷いて使うこともできます。

布団を使えばすのこの快適さをより味わえるでしょう。

大きな収納タイプのすのこベッド『国産大容量収納ファミリーチェストベッド【COLRIS】コルリス』

布団干しが可能な【COLRIS】コルリス

また、すのこを立てることによって布団を干す機能も付いていますので、いつも乾燥した気持ちの良い布団でお休みになれます。

 

外からベッド下が見えないのと、マットレスを使うとかなりベッドが高くなるので、お部屋にちょっと圧迫感を感じさせてしまうことがデメリットでしょうか。

ワイドタイプの大きいロータイプすのこベッド

大きなロータイプのすのこベッド『頑丈デザインすのこベッド【T-BOARD】ティーボード』

大きなロータイプのすのこベッド『頑丈デザインすのこベッド【T-BOARD】ティーボード』

若い二人に人気があるのが、このロータイプのベッドを2つ並べてワイドタイプにした【T-BOARD】ティーボードのようなベッド

 

部屋を開放的に見せる低さ。

そして、腰かけやすい高さもあるロータイプのベッド。

 

この手のベッドの多くはすのこベッドになってすっきとしています。

大きなロータイプのすのこベッド『頑丈デザインすのこベッド【T-BOARD】ティーボード』は、頑丈なすのこでできています。

頑丈づくりの【T-BOARD】ティーボード

そして、この【T-BOARD】ティーボードの特徴は、

『頑丈』

ということ。

 

静止耐荷重は600kg。

大柄の方でも大丈夫。

二つベッドを並べてお休みになっていても、どちらか一方で二人寝ていたなんてことになっても、まったく問題なしの頑丈さ。

 

ワイドタイプですから、将来子供が生まれて一緒に寝ても、不安のない丈夫さです。

ワイドタイプの大きいフロアタイプすのこベッド

大きなフロアタイプのすのこベッド『親子で寝られる棚・コンセント付き安全連結ベッド【Familiebe】ファミリーベ』

大きなフロアタイプのすのこベッド『親子で寝られる棚・コンセント付き安全連結ベッド【Familiebe】ファミリーベ』

【Familiebe】ファミリーベは、大きなフロアタイプのすのこベッド

 

お子さんと一緒にそろってお休みになることを考える親御さんにとても人気のあるワイドタイプのベッドは、このフロアタイプのワイドベッドです。

大きなフロアタイプのすのこベッド『親子で寝られる棚・コンセント付き安全連結ベッド【Familiebe】ファミリーベ』は低いのが特徴

【Familiebe】ファミリーベは低いのが特徴

その理由は、「低い」こと。

お子さんのベッドからの転落が気になる方には安心感がありますね。

ベッドの高さは、マットレスよりもちょっと高いくらいです。

大きなフロアタイプのすのこベッド『親子で寝られる棚・コンセント付き安全連結ベッド【Familiebe】ファミリーベ』は低いのが特徴

フロアベッドは通気性が今一つ。だから「すのこ」がいい

フロアベッドは、ベッド下に空間がないので、ちょっと湿気がこもりがちになるのが欠点です。

そこで、床板をすのこにしてその欠点を少しでも補っています。

ロングタイプの大きいすのこベッド

では、もう一つの大きいロングタイプのすのこベッドをご紹介します。

 

「大きい」というのはワイドだけではありません。

「丈が長いベッド」も「大きいベッド」と言えますよね。

 

日本人の成人男性の平均身長は170cmくらいです。

ですから、大部分の方は通常のベッド丈195cmあれば大丈夫なのですが、中には通常丈のベッドで窮屈な思いをしている方もいますね。

 

ワイドベッドにして家族でお休みになるときも、お父さんの背が高い時には、ロングでワイドなベッドがほしくなるでしょう。

そこで、ロング丈&ワイドの大きいすのこベッドをご紹介します。

ロングタイプの大きいロータイプベッド

ロングなロータイプのすのこベッド『頑丈デザインすのこベッド【RinForza】リンフォルツァ』

ロングなロータイプのすのこベッド『頑丈デザインすのこベッド【RinForza】リンフォルツァ』

背の高い方は、当然体重も多くなるわけです。

ですから、背が高くてちょっとぽっちゃりすると、想像以上に体重があることも。

 

背が高い方はやはり、丈夫なベッドが安心できますね。

ということで、【RinForza】リンフォルツァは、ロングサイズもある丈夫なすのこベッド。

静止耐荷重はなんと600kgです。

ロングなロータイプのすのこベッド『頑丈デザインすのこベッド【RinForza】リンフォルツァ』

【RinForza】リンフォルツァのすのこ床板

体重が多くてもきしみ音も気にせず、足元にもゆとりをもってお休みに。

床板は、爽やかなすのこ仕様です。

ロングなロータイプのすのこベッド『頑丈デザインすのこベッド【RinForza】リンフォルツァ』

【RinForza】リンフォルツァを2台並べて大きなすのこベッドにした風景

2台びったり並べて使うこともできますので、1台のワイドサイズベッドとして家族一緒にお休みになることもできます。

 

お父さんの背が高くても、安心してゆったりお休みになれる大きなすのこベッドとして使えます。

最後に

家族全員で大きなすのこベッドでお休み

家族全員で大きなすのこベッドでお休み

汗を多くかく方は、布団やマットレスが湿気るのを気にする方は多いようです。

また、お子さんは代謝も盛んで、汗を多くかく傾向があるようです。

 

そんな時に、すのこベッドを使うのは実質的にもイメージ的にも気持ちの良いものですね。

 

特に、日本の太平洋側の地域の夏は、とてもジメジメします。

そんな地域にはすのこベッドはおススメ。

 

大きなすのこベッドを選んだなら、

☑ 寝ているときに汗をかきやすい方は、より快適になります。

☑ 家族の一体感を感じます。

☑ 大きなすのこフロアベッドなら、子供たちとの遊び場になります(高さがあるベッドは転落に注意が必要です)

 

家族全員でお休みになれる大きなすのこベッド。

もし、大きなベッドが置ける寝室があるのなら検討したいですね。

 

-インテリア, ベッド

Copyright© インテリア専門「オフィスご縁堂」ショップオーナーブログ , 2019 All Rights Reserved.