インテリアを取り扱う「オフィスご縁堂」の店長が店長の個性ある視点で魅力あるインテリアやその使い方をご紹介します。

インテリア専門「オフィスご縁堂」ショップオーナーブログ

インテリア ベッド

一人暮らしの省スペースにヘッドレス跳ね上げ収納ベッドはいかが

投稿日:

こんにちは、オフィスご縁堂ショップグループ店長の神谷です。

都会のマンション

一人暮らしに期待を膨らませて、部屋のレイアウトをいろいろ考えるのは楽しい時間ではあります。

しかし、都市部のワンルームなどは部屋が狭く、とても頭を悩ませることでしょう。

 

そして、ベッド・・・。

一人暮らしには「ベッドにするか布団にするか」というのは課題ですね。

日々の睡眠にはベッドの方が布団より便利。

 

しかし、ベッドを置くと部屋のかなりのスペースを使ってしまい、フリースペースがなくなってしまう。

または、他の家具が入らない・・・などと悩みがいっぱい。

省スペース!ヘッドレスのガス圧跳ね上げ式収納ベッドがおススメ

省スペース!ヘッドレスガス圧跳ね上げ式収納ベッド

省スペース!ヘッドレスガス圧跳ね上げ式収納ベッド

この図でもわかるように、ヘッドレスのガス圧跳ね上げ式収納ベッドは省スペースに関するメリットがいっぱいです。

一人暮しで選択するお部屋にとても役に立つのではないでしょうか。

 

では、メリットを一つずつ紹介していきましょう。

メリット1:収納とベッドを一緒にできる

ガス圧跳ね上げ式収納ベッドの収納部分

ガス圧跳ね上げ式収納ベッドの収納部分

部屋が狭いけど、ベッドを使いたいという方への省スペース対策の一つが、「収納ベッド」を使うことです

 

一人暮らしでは、一部屋にベッドも収納家具も置く必要があります。

ベッド下を有効利用したのが、収納ベッド。

 

収納ベッドを使うことによって、収納家具のスペースが必要なくなる場合があります。

メリット2:ガス圧跳ね上げ式収納ベッドは引出のスペースが必要ない

ガス圧跳ね上げ式収納ベッドは引出のスペースが必要ないので省スペース!

ガス圧跳ね上げ式収納ベッドは引出のスペースが必要ないので省スペース!

収納ベッドというと引出式の収納ベッドを思い浮かべる方も多いかもしれません。

引出式収納ベッドは、引出のスペースが必要なんです。

 

ガス圧跳ね上げ式収納ベッドは引出のスペースが必要ないので、より省スペース。

 

さらに、引出式の収納ベッドは、引出の反対側が長物入れになっていて大型の収納物を収納できるようになっていますが、その時はマットレスをどかさないと収納物の出し入れができません。

 

ガス圧跳ね上げ式収納ベッドは、床板をマットレスと一緒に跳ね上げられますから、収納物の出し入れの時にもお部屋のスペースが少なくて済みます。

メリット3:ヘッドレスなら10cm~20cmさらに省スペース

ヘッドレスのガス圧跳ね上げ式収納ベッドは省スペース!

ヘッドレスのガス圧跳ね上げ式収納ベッドは省スペース!

さらに省スペースを考えるのなら、ヘッドレスのガス圧跳ね上げ式収納ベッドがおススメ。

 

ベッドのヘッドに棚がないだけで10cm~20cmの省スペースになります。

おススメのヘッドレスのガス圧跳ね上げ式収納ベッド2選

では、ここで具体的におススメのヘッドレスのガス圧跳ね上げ式収納ベッドを2種類ご紹介します。

一つは、通常丈サイズ。

もう一つは、身長160cm以下くらいの小柄な女性におススメのショート丈のヘッドレスのガス圧跳ね上げ式収納ベッドです。

通常丈サイズ 深さと開閉方向を選べるヘッドレスのガス圧跳ね上げ式収納ベッド

 

ヘッドレスのガス圧跳ね上げ式収納ベッド『国産跳ね上げ収納ベッド【Regless】リグレス』

ヘッドレスのガス圧跳ね上げ式収納ベッド『国産跳ね上げ収納ベッド【Regless】リグレス』

【Regless】リグレスは、ベッド丈200cmのヘッドレスのガス圧跳ね上げ式収納ベッドです。

その特徴は、縦開きと横開が選べること。

縦開きのヘッドレスのガス圧跳ね上げ式収納ベッド

縦開きのヘッドレスのガス圧跳ね上げ式収納ベッド

 縦開きなら収納物の出し入れにベッドの脚の方向にスペースがあると便利です。

 逆にベッド左右に余裕がない場合には、このタイプがおススメ。

横開きのヘッドレスのガス圧跳ね上げ式収納ベッド

横開きのヘッドレスのガス圧跳ね上げ式収納ベッド

横開きなら収納物の出し入れにベッドの横にスペースがあると便利です。

ベッドの縦方向にスペースがない場合にはこのタイプがおススメです。

 

このように、ベッドの置き方に自由度が増すので、省スペースなコーディネートの手助けになります。

そして、ベッド下の深さが3種類ということで、必要な収納力も選択できます。

小柄な女性におススメのショート丈のヘッドレスのガス圧跳ね上げ式収納ベッド

省スペースなショート丈のヘッドレスのガス圧跳ね上げ式収納ベッド『ショート丈ガス圧式跳ね上げ収納ベッド【Vogel】フォーゲル』

省スペースなショート丈のヘッドレスのガス圧跳ね上げ式収納ベッド『ショート丈ガス圧式跳ね上げ収納ベッド【Vogel】フォーゲル』

【Vogel】フォーゲルは、横開のガス圧跳ね上げ式収納ベッド。

ヘッドレス、スリムタイプのヘッドボードありのタイプを選ぶことができます。

 

そして何より特徴的なのは、ショート丈ということ。

ヘッドレスの【Vogel】フォーゲルは、ベッド丈184cmととっても省スペース。

身長160cm以下の小柄な女性の省スペースのお悩みにしっかり答えます。

 

収納力も3段階。

収納物が多い方は、グランドタイプをチョイスすればかなりな収納力を望めます。

ヘッドレスのガス圧跳ね上げ式収納ベッドのデメリット

いいことばかりのヘッドレスのガス圧跳ね上げ式収納ベッドですが、デメリットもあります。

そこでデメリットをリストアップします。

デメリット1:ヘッドレスベッドは、枕が落ちやすい

ヘッドレスのベッド一般的に言えることですが、ヘッドボードがないと枕が落ちやすくなります。

枕が落ちるのを防止するために、ベッドのヘッド側は壁につけるのがコツです。

デメリット2:ガス圧跳ね上げ式収納ベッドは価格が高い

チェストタイプのベッドと比べてガス圧跳ね上げ式収納ベッドは価格が高くなります。

その分、機能面では充実していますから、コストと機能の兼ね合いですね。

デメリット3:ガス圧跳ね上げ式収納ベッドは組立が大変

ガス圧跳ね上げ式収納ベッドの多くは2人で60分。

ベッドの組立が気になる方には、組立設置費込みのガス圧跳ね上げ式収納ベッドがありますので、それを利用するのがいいと思います。

最後に

都市部での一人暮らしの方が選択する部屋は、狭いだけではなくデザインも微妙。

だから、ベッドの置き方にもいろいろ工夫しないといけませんね。

 

引っ越してしばらくたった後のベッドの導入にガス圧跳ね上げ収納ベッドを選んだなら、

☑ 収納場所の不測の悩みが解決します。

☑ ベッドの置く場所の自由度が上がります。

☑ 大きいモノの収納場所が確保できます。

 

いろいろなガス圧跳ね上げ収納ベッドはこちらからご覧いただけます。

⇒『ガス圧跳ね上げ収納ベッド

-インテリア, ベッド

Copyright© インテリア専門「オフィスご縁堂」ショップオーナーブログ , 2019 All Rights Reserved.