インテリアを取り扱う「オフィスご縁堂」の店長が店長の個性ある視点で魅力あるインテリアやその使い方をご紹介します。

インテリア専門「オフィスご縁堂」ショップオーナーブログ

インテリア ベッド

フローリングのワンルームに折りたたみベッドという選択

投稿日:

こんにちは、オフィスご縁堂ショップグループ店長の神谷です。

フローリングのワンルーム

フローリングのワンルーム

都市部のワンルーム。

便利な所にすればするほど・・・「家賃が高い」。

広さを犠牲にしコストをおさて、狭い部屋を選択せざるを得ない場合がありますね。

 

そして、フローリングに布団を敷くのもなんだし、やっぱりベッドで眠りたい。

そう考える方は多いのではないでしょうか。

 

フローリングに布団を敷くのは寒そうだし、布団にカビが生えそうで心配な所もあります。

しかし、ベッドは「大きい」。

狭い部屋と大きなベッド・・・この相反するものをどうやって両立させるか、悩むところです。

 

そこで、狭いワンルームの部屋のベッドと言ったら、「折りたたみすのこベッド」が答えの一つではないでしょうか。

折りたたみすのこベッドとは。

抗菌防カビ素材 折りたたみ樹脂すのこベッド 脚無し折りたたみすのこベッド『通気孔付きスタンド式すのこベッド【AIR PLUS】エアープラス』

折りたたみすのこベッドとは、何でしょうか?

ベッドの床板が、すのこ状になっていてとても通気性がよいベッド。

さらに、「折りたたみ」というくらいですから、折りたたんでしまうことができます。

 

例えば、部屋の中でストレッチとか、ヨガをやる方などはワンルームにベッドを置いてはなかなかそのスペースを確保するのが大変。

 

そこで、寝ていないときには部屋の片隅に、片付けておける「折りたたみすのこベッド」は大変重宝。

ここで紹介する折りたたみすのこベッドは2種類。

それは、

■ 脚付きの「折りたたみすのこベッド」(マットレスなし)

■ 脚付きの「折りたたみベッド」マットレスあり)

■ 脚無しの「折りたたみすのこベッド」

です。

脚付きの折りたたみベッド(マットレスなし)

折りたたみベッド(マットレスなし)

折りたたみベッド(マットレスなし)

脚付き折りたたみすのこベッドとは、文字通り脚がついているすのこベッド

折りたたみベッド(マットレスなし)の省スペース性

折りたたみベッド(マットレスなし)の省スペース性

 

写真のように狭い場所にしまうこともできるし、部屋の中で布団干しとして使うこともできます。

 

脚付きだからベッドに高さが出ますので、

■ フローリングの温度の影響を受けにくい

■ ホコリが漂う層を避けることができる

■ 布団の下に空間ができるので、布団の湿気を逃がせる

■ 布団を使うので、干した布団に寝ると気持ちいい

というメリットがあります。

 

フローリングに直接布団を敷くと、冬はダイレクトに床の寒さが伝わってしまいます。

 

また、床に布団をつけてしまうと布団から湿気が逃げにくくなってカビの原因になります。

 

さらに、ホコリは床から30cmのあたりでただようことが多くなっています。

 

ですから、それよりも高い位置でお休みになることが、健康にも一役買います。

価格もそれほどではなく、『抗菌防カビ素材 折りたたみ樹脂すのこベッド』は、価格円(税込)です。

 

デメリットは、

■ 折りたたみベッドですから寝心地や耐久性に不安がある

■ 敷布団が必要

ということですね。

 

長く使うベッドではなく、期間限定のベッドとしてご使用になるのがいいのではないでしょうか。

例えば、期限付きの単身赴任や大学通学の期間だけ親元を離れるなどの場合です。

脚付きの折りたたみベッド(マットレスなし)

脚付き折りたたみベッド(マットレスあり)

脚付き折りたたみベッド(マットレスあり)

脚付き折りたたみベッドには、マットレス付きもあります

 

そのようなベッドの中には、リクライニング機能がついている脚付き折りたたみベッドもあって、本を読むときや、テレビを観るときに使うにも便利。

 

脚付き折りたたみベッドの長所としては、マットレスなしと同じように、

■ フローリングの温度の影響を受けにくい

■ ホコリが漂う層を避けることができる

となります。

 

また、マットレス付きなので、敷布団の必要がなく、布団の片づけは、脚付き折りたたみベッド(マットレスなし)よりも簡単。

 

デメリットも、脚付き折りたたみベッド(マットレスなし)と同じように

■ 耐久性に不安がある

ということです。

さらに、片付けるときには、脚付き折りたたみベッド(マットレスなし)よりも若干場所をとるということでしょう。

 

脚付き折りたたみベッド(マットレスあり)はこちらからご覧いただけます。

⇒『脚付き折りたたみベッド(マットレスあり)

脚無し折りたたみすのこベッド

脚無し折りたたみすのこベッド

脚無し折りたたみすのこベッド

脚付き折りたたみすのこベッドよりもさらに省スペースを・・・という方には脚無しの折りたたみすのこベッドがいかがでしょうか。

 

脚のない分だけさらに省スペース。

さらなるコンパクトさ 脚無し折りたたみすのこベッド

さらなるコンパクトさ 脚無し折りたたみすのこベッド

メリットは、

■ 省スペース

■ 布団が直接フローリングに触れないので、床のホコリが付きにくい

■ 布団の下に空間ができるので、布団の湿気を逃がせる

というところです。

 

デメリットは、

■ フローリングの温度の影響を受けやすい

■ ホコリの漂う層を避けられない。

というところですね。

 

脚無し折りたたみすのこベッドはこちらからご覧いただけます。

⇒『脚無し折りたたみすのこベッド

最後に

折りたたみすのこベッドにすれば、

☑ お部屋にスペースを確保することができ、ヨガやストレッチを行うことができます。

☑ ベッド以外の家具を置くことができます。

☑ フローリングに直接布団を敷くより、睡眠環境が改善して、仕事や勉強がはかどるでしょう。

 

狭いスペースを有効利用することにはいろいろ頭を悩ませますね。

折りたたみすのこベッドは、選択の一つとしてお役に立てるのではないかと思います。

 

 

-インテリア, ベッド

Copyright© インテリア専門「オフィスご縁堂」ショップオーナーブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.