インテリア ベッド

圧迫感のない収納ベッド/なるべく低い収納ベッドを選ぼう

投稿日:

こんにちは、オフィスご縁堂ショップグループ店長の神谷です。

収納の悩みを解決する一つの方法に収納ベッドを使うことがあります。

2段チェスト収納ベッド

2段チェスト収納ベッド

収納スペースは大容量であれば大容量であるほど便利ですが、ここでちょっと考えなければならないことがあります

 

1人暮らしなどで収納に困っている方の一つの解決方法として、「収納ベッド」を使うという方法があります。

ベッドと収納がひとまとめになるわけですから、これは便利です。

 

脚付きのベッドを買った場合、自然にベッド下は収納スペースになっていくものです。

だから、最初から収納ベッドを選んでおけば、後々便利。

 

では、考えておかなければならないこととは何でしょうか。

家具の背が高くなると、その家具が部屋に圧迫感を与える

大容量の収納ができるベッドは、ベッドの高さがある程度出てしまい、人によっては圧迫感を感じることがあります

 

サンプルにした、2段チェスト収納ベッドは大容量収納が可能なベッドです。

ヘッドボードにはサイドキャビネもついていて、「収納」ということに関してはなかなかのスグレモノ。

 

しかし、ベッドの高さが、35cmもあるのです。

「35cm?たいした高さじゃないでしょ。」

 

と思うかもしれませんが、マットレスのこと忘れていますよ。

ちょっとよさげな国産ポケットコイルマットレスは、厚さが20cm。

プラスして55cm。

「う~ん、55cmなら、そんなにでも・・・」

と思うかもしれません。

 

しかし、この上に布団を重ねなければいけません。

こうなると、ベッドというよりも低めのタンスのイメージになってしまうかもしれません。

この高さが、じわじわと部屋を圧迫するのです。

 

気にならない人は気にならないのですが、狭いところが苦手という「ちょっと閉所恐怖症」気味の方は、もしかすると圧迫感を感じるかもしれません。

部屋に圧迫感を感じないためには、低めのベッドを

ですから、収納力ばかりを求めないで、バランスを考えることが大事です。

収納物がそんなに多くないのなら、部屋の圧迫感がないように、低めの1段チェストの収納ベッドを選ぶことをおススメします

1段チェスト収納ベッド

1段チェスト収納ベッド

 

ミドルクラスの1段チェストの収納ベッドです。

 

ベッドの高さは27cm。

同じ国産ポケットコイルマットレスを使っても47cm。

先ほどの、サンプルにした2段チェスト収納ベッドと比べても7cmも低い。

 

もっと低くしたかったら、薄いタイプのマットレスを選ぶこともできます。

引き出しがBOX構造になっているベッドは、ちょっとだけ引出しが広めに使えることが特徴。

ホコリや湿気に強い作りになっています。

 

また、エントリーモデルならこちら、

比較的安価!エントリーモデルの1段チェスト収納ベッド

比較的安価!エントリーモデルの1段チェスト収納ベッド

1段チェストでも収納物はけっこう入ります。

チェストの反対側は、フリーの収納スペースで大き目の収納物もしまえます。

 

お部屋の空間を大事にする方には、1段チェストベッドが部屋に圧迫感を与えないので、おススメのベッドです。

 

低めの収納ベッドをもっとご覧になりたい方は、こちらからご紹介しています。

>>>『ベッド高が比較的低い シングル収納ベッド』

最後に

フロアベッドととの比較

フロアベッドととの比較

低いベッドと言ったら、フロアベッド、ローベッドがあります。

空間的に言ったら、部屋を広々と感じるのにはローベッドの方が贅沢だと思います。

ただ、ローベッドは「収納」という事には役に立ちません。

 

さらに、ベッドが低すぎてホコリなどのハウスダストを寝ている間に吸込みやすいということがあります。

ベッドは、高すぎても圧迫感を感じますが、低すぎても都合の悪いことは多くあります。

 

低めの収納ベッドを選んだなら、

・ベッドの圧迫感を軽減し、

・いろいろなモノをベッド下に収納で切ることによって、

比較的開放感のあるお部屋をコーディネートできます。

-インテリア, ベッド

Copyright© インテリア専門「オフィスご縁堂」ショップオーナーブログ , 2019 All Rights Reserved.