オフィスご縁堂ショップグループ店長ブログ

系列店の新着商品や、テレビでの話題の商品。そしてその他徒然なことをご紹介していきます。

紫外線の怖い影響 肌の老化・がん・薄毛・シミ/『林修の今でしょ!講座』より

 おはようございます。神谷です。

強い日差し

 我が家では、私が洗濯の担当なのですが、この頃の陽ざしの強さに参りますよねぇ。

 気温が高いのでなおさら、強さを感じます。

 若いころは日差しなんかあんまり意識しませんでしたが、やはり、老化というのは怖いモノ。

 ということで、『林修の今でしょ!講座』から「紫外線の怖い影響 肌の老化・がん・薄毛・シミ」をガン見してしまいました。

肌の老化の原因の約8割が紫外線

 

老化を気にする女性

 番組の最初に恐ろしい写真が出てきました(ここで出せないのが残念)。

 顔の右と左でシワやタルミのでき方が全然違うのです。

 この方、トラックの運転手ということで、左から常に日光を浴びている状態だったのですね。

 「肌の老化の原因の約8割が紫外線」

という研究発表が2013年にされました。

 今は、より紫外線対策が研究されています。

 紫外線のピークは6月の夏至です。

 これから強くなってくる紫外線に備えて、女性だけではなく、男性だってしっかりUVケアをすべきですね。

ホクロが皮膚がんに

 近年増えているのが皮膚がん。

 紫外線によって、ホクロが皮膚がんになるそうです。

 怖いですねぇ。

 番組で、

 「がん化する可能性のあるホクロの見分け方」

というのを発表していたので、引用します。

■ 形が非対称

■ 周囲が、ギザギザ

■ 色が黒色主体でない

■ 長さが6mmを超える

■ ホクロが急激に変化

 気になるようでしたら、一度皮膚科を訪問してください、とのことでした。

紫外線が作るシミ

シミを気にする女性

 現在では、

 「隠れシミ」

を発見することができるようです。

 この検査をするのはちょっと勇気が必要だなぁ。

 この検査の結果を見て分かったのは、

■ 鼻の頭

■ 頬

にシミができる要素が大きいようです。

 UVクリームを塗るときには、この部位を意識しましょう。

紫外線による薄毛

薄毛を気にする男性 紫外線を浴びると、男性ホルモンを生成するとのことです。

 その男性ホルモンが、毛根近くで酵素と結合して毛母細胞を攻撃して、毛が抜けてしまうのです。

 だから、紫外線による薄毛対策は頭だけ気を付けていてもダメなんですね。

 肌は気にしなくても、髪の毛を気にする男性は多いと思います。

 肌を紫外線から守れば、抜け毛も防止できるのですから、一石二鳥ですよ。

 さらに、忘れてはいけないのは、

 「眼から入る紫外線」

です。

 肌をしっかり紫外線から守っても、眼から入る紫外線によって男性ホルモンが生成されて薄毛に・・・。

 ですから、サングラスもご検討することをおススメします。

1088950-01

 

>>> 『紫外線対策サングラス』はこちらから

名医がプライベートでやっている紫外線対策

紫外線に対して強い身体を作る

 一度できてしまったシミも消すことができるそうです。

 それは、

「肌の再生」

 つまり、新しい皮膚が作れるように体質改善することですね。

 まさに、エイジングケアです。

 では、名医が実際にやっている対策です。

1日5食

ごはん

 

 ダイエットブームの中で、「1日1食」というのが流行りましたが、ココでは、「1日5食」。

 これは、血糖値が高い時にシミができやすいという事なので、一日の食事回数を増やして、なるべく血糖値を上げないようにするという事らしいです。

 う~ん、これはどうなんだろう。

 「1日1食」というのは、今までの食事の6割くらいの量で生活しましょう、ということでこの方法が編み出されました。

 「1日1食」でドカ食いしていいという話ではありません。

 それから、「1日5食」ということは、1回の食事の量がかなり少ないという事ですよね。

 1日5回食べるのもしんどいし、量を調整するのもしんどそうです。

ホワイトオムレツを食べる

 ホワイトオムレツというのは「卵白」のオムレツです。

 卵白の良質なタンパク質がお肌を回復するとのことです。

 …美味しくなさそうですねぇ。

 肌の再生に黄身の部分は邪魔になるかしら。

 単に、

 「卵をたくさん食べる」

じゃぁダメなのかなぁ。

 卵をたくさん食べても、コレステロールは溜まらないし(一部の人は溜まるそうなので気を付けて)、ダイエットにもお勧めなので、卵をたくさん食べるということで、個人的には納得しておきます。

お風呂上がりに氷で首マッサージ

 首の周り、鎖骨周りには褐色脂肪細胞が集まっています。

 この褐色細胞は冷やすことによって活性化します。

 特に温めてから、冷やすと効果があるようです。

 2013年に発表されたデーターによると

 「褐色脂肪細胞が含まれている割合」

■ 首の周り 93.5%

■ 鎖骨の周り 75.6%

■ 脇の下 57.0%

となっています。

 褐色脂肪細胞を刺激する

 ↓

 代謝が上がる

 ↓

 肌の生まれ変わりが早くなる

 ↓

 シミやシワができにくくなる。

 これは、ダイエットにも効きますね。

 いいことを聞きました。

 番組で紹介されていたやり方は、ペットボトル8割くらいに氷を入れて、首回りを2~3分位冷やす。

 18度以下で、褐色細胞は活性化するので、キンキンに冷やす必要はありません。

長時間出かける前にはイチゴを1パック食べる

 イチゴに含まれる抗酸化力の強いビタミンCがシミやシワができるのを抑えます。

 これって、ハイチオールCとかでもいいんじゃないかと。

 多分イチゴのビタミンCがとってもいいのかもしれませんが、ちょっとイチゴ1パックというのは手間や経済に負担がありますねぇ。

日焼けした後はホットヨーグルトを食べる

ヨーグルト

 40~50度のとき乳酸菌はとても活性化するとのことで。

 乳酸菌が長官を刺激して、血流を良くします。

 それによって、皮膚に栄養が届きやすくなり、肌の新陳代謝力がアップするのです。

 乳酸菌は、肌の保湿効果を高める働きもあるようです。

やっぱり紫外線にあたらないことが大切

 今回の『林修の今でしょ!講座』では、

 「紫外線に負けない強い身体作り」

という内容の話でしたが、今日紹介したことを実践しても、紫外線に当たりまくったら、「光老化」します。

 やはり、紫外線に当たらない対策が必要なことは言うまでもありません。

 紫外線対策グッズのご健闘と併用するのがいいと思います。

>>> 『紫外線対策グッズ通販』はこちらから

 - 健康・ダイエット

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

フェイレッチ フェイスウェーバー他/『バイキング』 「ケンコバの怪しい通販」

 こんにちは、神谷です。  『バイキング』の「ケンコバの怪しい通販」をまたみてし …

おなかぽっこり
ご飯を食べてダイエット/『あのニュースで得する人損する人』より

 おはようございます。神谷です。 Contents1 夏までにスリムになりたい2 …

猫背
親も心配、姿勢が崩れる子供たち/『めざましテレビ』より

おはようございます。神谷です。 私は姿勢が悪くて、さらに腰痛持ちなんです。 です …

米
第3のミルク「ライスミルク」/めざましテレビ ヘルシーTIMEより

おはようございます。神谷です。 めざましテレビ ヘルシーTIMEで、第3のミルク …

ヒザ関節痛
ヒザ関節は、運動で老化する/『ホンマでっか!?TV』より

 こんにちは、神谷です。 Contents1 関節は運動で老化する2 ジョギング …

モムチャンフィットネス MCFIT3 CORE
モムチャンフィットネスMCFIT3『CORE』をやってみる

 おはようございます。神谷です。  『モムチャンフィットネス』のレポートを連日で …

ニュージーランド産はちみつ マヌカハニー MGO250+
傷の治療にも使われているマヌカハニー/『健康カプセル! ゲンキの時間』より

 おはようございます。  神谷です。 Contents1 豊臣秀吉の健康法は、は …

アーモンド
『あさイチ』でも紹介!第3のミルク「アーモンドミルク」「ライスミルク」

おはようございます。神谷です。 2015年3月9日の『あさイチ』でも「第3のミル …

太った
モムチャンフィットネス MCFIT2『S LINE』をやってみる

 おはようございます。神谷です。  いや~、最近太ってしまって、何とかしなくちゃ …

ウォーキング
 歩数によって病気が防げる奇跡の研究とは?/健康カプセル ゲンキの時間より

 おはようございます。店長の神谷です。 Contents1 ウォーキングによって …